7/16週 EUR/USD環境認識 |海外FX口座で小額投資実践|

週足の環境認識

まずは週足から

①の地点で微妙にヒゲ部分で押し安値を下抜けしています。

実体部分では下抜けしていない為判断は迷う所ですが、一旦上昇は落ち着いています。

日足の環境認識

続いて日足です。

日足は下落トレンドが一段落付いてレンジのど真ん中。

ポイント②のサポートライン1.1506へ何度か試す動きをするも反発。

ポイント③のレジスタンスライン1.1827となるWボトムネックラインを越えるまでは下目線は継続するが積極的なエントリーは避けたい。

4時間足の環境認識

続いて4時間足です。

ロングシナリオ

ポイント②のレジスタンスラインのブレイク後のプライスアクションを考慮してエントリー。理想はブレイク後プルバックで戻されレジサポ転換の確認を取りロングエントリー。

ショートシナリオ

ポイント①のサポートライン(Wトップネックライン)を超えられず抑えられ逆N字で下落した場合1.1620の直近安値ブレイクでエントリー。

The following two tabs change content below.
masanari

masanari

アラフォーサラリーマンです。40代でセミリタイアを実現するために本気でスキルアップを目指しています。現在はFX,バイナリーを中心に会社に依存しない収入を確保するために勉強しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

masanari

アラフォーサラリーマンです。40代でセミリタイアを実現するために本気でスキルアップを目指しています。現在はFX,バイナリーを中心に会社に依存しない収入を確保するために勉強しています。